読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaneru999’s diary

気ままに書きたい記事を主に書いています。たまにそうではない記事も書いています。

P5発売おめでとう!

ゲーム

 皆様初めまして。カーネルと申します。これから少しずつですが、コツコツ頑張って行きますのでよろしくお願いします。

さて、初投稿となる今回の記事、少し遅めですが9月15日に発売されたペルソナ5について書きます。

                         まず一言「発売おめでとうございます!」

 やっとこの日が来たんだとワクワクが止まりませんでした笑

私は今から7年前に、初めてペルソナの作品に触れました。私はペルソナ4からプレイし、最初は何気なくプレイしていたのですが、気づけばがっつりプレイしていました。物語がおもしろく、その作品の魅力にグイグイ引き寄せられ、1日のプレイ時間が8時間を超えることが珍しくありませんでした。一通りプレイして、もう一周やってみようと思うぐらいはまってしまい、私の心をガッツリ掴みました。

 これをきっかけに私はいろいろなシリーズをプレイすることになります。ペルソナ3をプレイし、その当時感じたことが、4に比べると暗いなと感じました。逆に3から4をプレイすると明るすぎるなと感じました。同じペルソナでも設定が違うだけでここまで印象が変わるのかと驚きました。女神異聞録、ペルソナ罪、罰もプレイし、どのシリーズをプレイしても物語がしっかりしているなと個人的に思いました。(罰は序盤だけプレイ)

 ペルソナの魅力は物語だけではなく、戦闘も魅力の1つです。

ペルソナの戦闘は敵の弱点を突いて、いかに有利に進められるかが鍵になるゲームです。ただ闇雲に攻撃して勝てるゲームではありません。

異聞録、罪、罰の時にはあった、悪魔会話。悪魔によってそれぞれの性格があり、性格に合わせた会話行動が重要で、気に入らない会話をすれば怒らせたり、気に入る会話をすれば時には仲魔になるというシステムが魅力的でした。

 さて、今回発売されたペルソナ5の感想を書かせていただきます。

初めにOPを観たときに感動して涙が出そうになりました。OP自体はPVなどで何度も視聴していたりしていたのですが、やはり長い間待っていただけあって、生で観るのとはまた違った感動がありました。

 戦闘システムでは、今までなかったバトンチェンジが魅力的だと感じました。敵の弱点を突いたら、コマンドにバトンチェンジが追加し、味方と行動をチェンジする。チェンジすると攻撃力があがり、これをいかに上手く使いこなすかが今作のポイントだと感じました。

 ダンジョンでは、障害物を乗り越えたり、いろいろな仕掛けを解いたり、1つ1つのダンジョンが長く、やりごたえがあります!

まだプレイしたことがない人、気にはなっているけど手が出せない人、今までの物語とは繋がりがないので、安心してプレイできます。一人でも多くの人がペルソナシリーズに触れて欲しいです。

 最後まで読んでいただきありがとうございました。