読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaneru999’s diary

気ままに書きたい記事を主に書いています。たまにそうではない記事も書いています。

極上の体験!!その名も「おっ○ぶ」

        (今回の記事はエロ体験要素が含まれており、不快に感じてしまったら申し訳ございません。それでもいいという方は自己責任でお願いします)

   

 昨日、私は大人の階段を上った

今まで大人の世界に足を踏み入れなかった私が、先輩の誘いに乗り、初めてのおっ○ぶを体験した

お店に行くまでに私はいろいろな事を思いながら向かった

その時の私の心境は「どういうところなのか?」、「怖いな~」、「いくらぐらいかかるのか」など、不安しかなかった

お店の前に到着し、いざ入店しようと思ったところ、お店のお兄さんが、「今混んでいるので、もし入りたいなら予約しますか?」っと言われ、先輩たちと相談し、予約してからお店をあとにした。(お金は先に支払った)

時間ができたので、軽く腹ごしらえをするために居酒屋によった

そこの居酒屋で食べた、マイタケのバター焼きが絶品で、また食べたいと思うほど美味しかったです

時間もいい感じになってきたところで、私たちは先ほど予約したお店に向かうことにした

お店の中に入り、すぐ席に案内されるのかと思いきや、待合室でお待ちくださいと言われ、「予約した意味は!?」と思いました

数分待つこと.........

やっと自分たちの番が回ってきて、席に案内され数分待つと、女性が席にきた

自分の隣に座ってきた女性はちょっとふくよかな女性で、ちょっと残念だなと感じたところからのスタートでした

初めてのこういうお店で何をしゃっべていいか分からなくて戸惑っていたが、女性の方から話題を振ってくれた

恋愛トークやプライベートなどの話をして盛り上がって、いい感じになってきたところで私は、ふとあることを思ってしまった

「ここっておっ○ぶでいいんだよなぁ~?」と疑問を感じた私は、先輩達をみてみると、誰一人として触っていなかったのです!

「えっ!?」変に自分だけ触ってなんか言われたらやだなと思った私は、そのことを忘れようと会話に集中することにしました

会話を始めて数十分後、お店の中の雰囲気が変わり、なにか始まるのかと感じた

すると、フィーバータイムに入り女の子たちがいきなり席を立って自分の膝の上に乗ってきたのです

「これって何の時間ですか?」って聞いたところ、触ってもいい時間だと言われ、ワクワクと、緊張が走りました

人生初の「おっ○い」を触る自分

いざ触ってみると、とても柔らかく、今まで感じたことのない興奮を覚えました

女の子達も数分したら席を移動し、また新しい人の「おっ○い」を触った

今まで動画とかの中で観ていた側の自分が、こういう日が来るとは夢にも思わなかった

女性がソファーに乗り、背中をこちらに向け密着することで、ただ触るだけでなく、お尻にあそこをあててもよいサービスまでしてくれました

フィーバータイムも気づけば終わってしまい、少しおしゃべりしたところで時間が来てしまった

流石に初めてだったこともあり、今回は延長はしなかった

                                 (ここから感想)

初めての体験が良い思い出になって、心から「来てよかった!」って思っちゃいました(笑

まだ体験したことのない人や、興味があるけどちょっとって人でも、行けばそのイメージが変わります

私が行ったお店は、一人当たり1万とちょっとあれば足りるぐらいでした

初めはあれこれ戸惑ってしまうかもしれないが、何事も経験だよ(笑

極上の体験をしてみたい方はぜひ一度行ってみてください

案外はまってしまうかもしれませんよ(笑